綺麗な女性

キャバクラとラウンジは似ているようで違う

黒いドレス

キャバクラもラウンジも、男性客が女性キャストと一緒にお酒を飲みながら、おしゃべりなどを楽しむお店という共通点があります。よく似ているので、両者を混同してしまっている人も多いのではないでしょうか。でもシステムなどをよく見ると、細かい点が違っています。
まずキャバクラの方ですが、お酒は1時間ごとに設定されている料金に含まれているので、時間以内なら無制限で飲めます。これをハウスボトルと呼びます。ハウスボトルはウイスキーなどが多いですが、別料金を支払ってビールなどを出してもらうことも可能です。キャストはあくまでも接待する側なので、自分からはお酒は飲みません。一緒に飲みたいなら、店側に了解を経てから料金を支払うことで可能になります。
その一方で、ラウンジはチャージ料金を支払うシステムになっています。お酒代は1杯ずつ加算されていくか、ボトル1本ごとに設定されているパターンが多めです。夜の12時までしか営業していないという点もラウンジの特徴で、キャバクラの面接に落ちた人や、昼のお仕事をしながら副業として働いている女性が在籍しています。
どちらにもそれぞれの良さがありますが、ナイトライフをしっかり楽しみたいならキャバクラ、安く手軽に飲みたいならラウンジの方がいいかもしれませんね。

NEW INFORMATION